HOME  流星ライブ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

  流星について  

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


しし座流星群は周期33年のテンペル−タットル彗星がまきちらしたチリが地球に落ちるときに大気との摩擦によって光る現象であるが、この流星群が脚光をあびたのが1998年。当時のメディアは大流星雨の出現と、あと33年後しか見られないとのふれこみで大センセーションを起こした。この年の2月にこの彗星が地球の軌道に接近したことによる。

 1998年11月17/18日の日本では期待したほどの流星にはならなかったが、それなりに楽しむことができた。ヨーロッパでは期待通り流星雨となった。

 2001年の日本はまさに流星雨となり、11月19日の午前2時過ぎから5時ごろまでが流星雨状態であったと記録されている。ピークは午前3時30分前後で1時間当たりで1800個(平均HR)であった模様で、「天頂修正出現数(ZHR)」では3600個の数にのぼった。月もなく雲もなしの最高条件の中、どの方向をみても連続的に流れる大小の流星は見事であった。こんなときは願い事がいっぱいできたかも。今後、生きてる間にこんな大流星雨は見ることができないかも。(出典:流星数は日本流星研究会集計による)

2001年のしし座流星群 流星痕もはっきりとわかる。


 
2002年は、予想通りヨーロッパ、アメリカで流星雨となったが、日本ではさえなかった。月も満月に近い状態で観測条件は最悪であった。来年以降は、流星雨としては期待薄で、徐々に衰え、次は30年後に期待となる。



しし座だけが脚光をあびているが、流星群といわれるのは年間を通じてたくさんある。日を問わず毎晩1〜2時間空を見上げていると数個は見ることができるだろう。

三大流星群

流星群名 極大日 出現数 流星の特徴 備       考
しぶんぎ座(りゅう座流星群) 1月4日 25〜 やや速い、明るい 流星数はぶれがあり、出現時間のピークが短い。
ペルセウス座 8月13日 40〜 速い、明るい、痕を残す スイフト-タットル彗星が母天体で、年間最大といわれ、派手な流星が多い
ふたご座 12月14日 30〜 速さは普通、あまり明るくない、紺を残さない 母天体は小惑星バイトンで、ペルセ群とひけをとらない。

※極大日とは、流星の出現が最大となる時期
※出現数は、極大のときの1時間当たりの流星数(予想)


☆☆☆ 流星の電波観測について ☆☆☆

 流星の電波観測とは、簡単にいうと、流星が出現するとその流星によって、電波が反射する現象を捉えるものです。そしてその電波が反射してきた数を数えるもので、送信局と受信局が遠く離れたところにあり、難しいことばで「前方散乱」の方式といいます。
 この電波はアマチュア無線の周波数を使い、53.750Mhzでは福井工業高等専門学校から常時電波が発射されており、この電波を受信する方法をとっています。また、28.208Mhzでは長野県池田町(JR0YAN)からの電波を利用しています。
 また、これらの受信には受信機など受信設備以外に、パソコンを使います。専用のソフトを使い画像としてリアルタイムに流星を確認することができます。
 さらに、これを発展させて、Web上にリアルタイムに表示させるシステムもあり、当方でもこのページ上(現在休止中)にLIVEをしておりますので、興味があったら、ご覧下さい。ただし、サーバーの容量の制限でライブは流星群活動期に限定しておりますのでご了承ください。過去のデータは一部ご覧いただけます。
(ライブページではブラウザの「戻る」ボタンを使用して切り替えてください)

電波観測についての詳細は、流星電波観測国際プロジェクトのHPで解説されています。

当方の観測機材

周 波 数 28.208Mhz 53.750Mhz
受 信 機 ICOM  IC-750 KENWOOD
TS-680V
ア ン テ ナ 4ele Yagi 4ele HB9CV
解析ソフト HROFFT Ver1.00 HROFFT Ver.1.00
F  T  P   DT-FTP Ver.1.08
Web Live CGI   Web LIVE Ver.0.02a

※HROFFT (大川一彦氏作)/DT-FTP(Muse Ishikawa)/Web Live用CGIスクリプト(小林正幸氏作)