HOME | 日記MENU | 山名一覧表

Enjoy my Trekking! 2000年山行日記 - Part 9 -
平成12年10月8日(土)〜9日(月) 木曽駒ケ岳 (2958m 長野県)
8日:曇りのち雨
9日:曇り
8日
駒ヶ根高原(7:30)(1時間待ち)−(9:15)しらび平駅(12:30)−(12:40)千畳敷駅(13:00)−(14:00)乗越浄土(14:15)−(14:20)和合山−(14:30)伊那前岳−(14:35)勅銘石(14:50)−(15:10)乗越浄土−(16:00)中岳(16:05)−(16:20)頂上山荘
9日
頂上山荘(7:30)−(8:00)木曽駒が岳(8:20)−(8:30)頂上山荘−(8:15)中岳−(9:00)乗越浄土−(9:30)千畳敷カール散策−(10:00)−千畳敷駅−しらび平駅−駒ヶ根高原(11:30)
おまけ:安曇野(わさび田)


バス待ちの行列約1時間
中央道・駒ヶ根ICで降り、駒ヶ根高原のバス発着所に向かう。予想通りバス待ちの客の長蛇の列。約1時間待ちと聞く。

さらに追い討ちをかけたのがロープウェイの待ち時間だ。最初は3時間待ちとのことだったが、時間が経つにつれ4時間待ちの情報。

ようやくバスに乗り、ロープウェイ駅のしらび平に到着。整理券をもらって、あたりをブラブラ。それにしても暇を持て余す。待っている間にも天気がだんだんと悪くなってきており、寒くなってきた。

こんな状況で今日の予定は完全にくるった。

 


さらに4時間待って
12時半過ぎようやく順番が回ってきた。ロープウェイに乗っている時間はわずかだが、どんどん高度を上げ、眼下に見える紅葉が見事だ。

 


千畳敷カール
 千畳敷に降り立つとカールの紅葉が見事で、庭園のようだ。遠く富士山も望める。
 


カールから宝剣岳を望む
宝剣岳が大きくそびえておりカールに迫っている。しばらくカールを散策する。


千畳敷カールで
カールからいよいよ乗越浄土まで急登に入る。

つづら折りに一直線に上る感じだ。乗越浄土までは一般の観光客も可能な距離のため、登山道は行き返りの客で混雑気味だ。



勅銘石
乗越浄土に着くとやはり寒くなってきた。時間もあるので、勅銘石まで行くことにする。ここまで来るとさすがに人気はない。帰りに雪が舞ってきた。手が冷たい。




乗越浄土からカールを見下ろす
宝剣山荘あたりから雨混じりとなり、風も強くなってきたため、カッパをまとう。頂上山荘に着くころにはだいぶ体が冷え込んでしまった。受付を済ませ部屋に入ると、まだ宿泊者は誰もいない様子。山荘の込み合いは覚悟してきたが拍子抜けである。それでもふとん1枚で二人寝るのを考えるとラッキー。ゆったり休むことができた。あとで聞くと山荘は今夜限りで明日は閉じるとのこと。客は総勢17人ほど。
夕日を期待していたが、雨と強風のため残念。食事では小屋最後の晩ということでワインのサービスが。




乗越浄土
8時消灯なので早めにふとんに入る。外に出てみると、ものすごい強風が吹き付け、小屋前に陣取ったテントが今にも飛ばされそうな感じだ。さぞかし寒かったろう。



木曽駒ケ岳頂上
翌朝、依然として濃い霧の中、仕方なくザックを小屋にデポして、木曽駒ケ岳を目指す。雨混じりの強風のなか、山頂に着く。しばらくねばっていたが、依然として霧は晴れそうになく、計画では濃ガ池まで行くつもりでいたが、引き返すことにした。

 途中から霧も薄らぎ、一瞬をつき霧が消えると雄大な山容がパァーと広がるようになった。乗越浄土まで来るとほとんど見渡せるようなっている。
そこから千畳敷カールまで一気に下る。千畳敷カールを散策し、帰路につく。

HOME | 日記MENU | 山名一覧表

Copyright © Tak@se Web Echo 2000,2007 All Rights Reserved