HOME | 日記MENU | 山名一覧表

Enjoy my Trekking! 2000年山行日記 - Part 7 -
平成12年8月31日(木) 西大巓(ニシダイテン 1981.8m)・
西吾妻山(2035m)   福島県
晴れのち曇り 早稲沢登山口(7:40)−(8:15)布滝(8:30)−(8:34)3合目−(8:58)4合目(9:10)−(9:26)5合目(9:30)−(9:45)6合目(9:58)−(10:14)7合目−(10:30)8合目(10:40)−(11:05)9合目(11:15)−(11:35)西大巓(12:15)−(13:10)西吾妻山(13:35)−(14:30)西大巓(14:55)−(15:04)9合目−(15:21)8合目(15:25)−(15:35)7合目−(15:46)6合目(15:55)−(16:05)5合目−(16:25)4合目−(16:48)布滝(16:55)−(17:20)早稲沢登山口(17:35)


早稲沢登山口
7時過ぎ桧原湖を左に見ながら車を進めると、桧原湖の北端に位置する早稲沢集落に入る。

早稲沢温泉を少し過ぎ、左に行くと桧原湖の周回することができる。右に折れると西吾妻スカイバレーに入り米沢まで続いている。

登山口へはここを西吾妻スカイバレー方向に進み、すぐに右に折れる。

入り口に案内板が設置してある。農道から砂利道を過ぎるとまもなく早稲沢登山口に到着。

駐車場は20台ほど駐車可能だ。立派なトイレもある。
駐車場にあった「熊さん人間に注意」の看板がユニークだ。
 


布滝
平日のせいか誰もいない。天気は快晴だ。熊さんに会わないようあるだけの鈴をつける。

整備された川沿いの登山道をゆるやかに登っていくと布滝に着く。3段ほどの滝である。

ここまでは一般者も入ってくるようだ。ここから別に遊歩道があり、名水百貫清水やデコ平へのルートが分岐している。

 


ブナ
ここから本格的な登山道になる。あまり踏まれていない頼りない登山道になる。すぐに急登となる。

まもなく行くと3合目の看板がある。このルートは1合ごとに看板があり、どのくらいの高さか目安になる。

4合を過ぎると川を渡るが、増水のときは簡単には渡渉は難しいだろう。登山道は深い森のなか、大きな岩や倒木にさえぎられながら歩きにくいし、疲れる。

 


ダイモンジソウ
6合目あたりから携帯電話が使えるが、林間のため眺望はない。

8合目あたりで高度1700mぐらいだ。まだ、あと200mかせがなければならいないが、眺望がないため何合目かの看板を頼りにする。


西大巓山頂kら西吾妻山へ
結局、西大巓の頂上まで眺望はなかった。

最初からほとんど登り一方で地図のコースタイムからはだいぶ遅れ、早稲沢から休憩も含めちょうど4時間かかった。地図では2時間25分とある。始めてのコースはかなり余裕をもった計画にしないといけない。

西大巓には5〜6組のパーティーが白布温泉口などから登って来ただけであった。
頂上は山頂の標識らしいものがなくて、岩場の小広く平らになっている。
眺望はいいほうだ。目の前に磐梯山がそびえており全体は見えなかったが、山頂部だけ見せていた。朝日連峰、飯豊連峰もかすかに見えている。


ヤマリンドウ
お昼をまわっており、疲れと時間の関係で西吾妻山へはどうするか迷ったが、結局向かうことにした。

西吾妻への鞍部まで下るとお花畑と水場がある。花はもう遅くて多くは咲いていなかったが、ヤマリンドウやタテヤマリンドウの紫があざやかだった。


西吾妻山頂から
鞍部から今度は登り返すと木道が整備された湿地帯に入る。

ここに西吾妻小屋(無人)がある。

ここから約15分ほどで西吾妻山頂に到達する。山頂はコメツガの林間で眺望がない。ちょっとがっかりした。

それでも少し歩くと先ほどの西大巓方向が開けているところがある。

ここから今来た道をピストンになる。西大巓までの登り返しは疲れも重なりきつかった。
西大巓にはもう誰もおらず、ガスも出てきた。

休憩の後、2時55分山頂を出発する。岩の登山道で疲れが一層増していやになる。
布滝には4時50分到着。ここに一人絵を描いていた人がいた。今日唯一、この登山道で出会った人である。

HOME | 日記MENU | 山名一覧表

Copyright © Tak@se Web Echo 2000,2007 All Rights Reserved