HOME | 日記MENU | 山名一覧表

Enjoy my Trekking! 2000年山行日記 - Part 4 -
平成12年5月5日(金) 尾 瀬 沼  (群馬県桧枝岐村)
晴れ 大清水−一の瀬休憩所−三平峠−尾瀬沼−長蔵小屋−三平峠−一の瀬休憩所−大清水


一ノ瀬
HPで道路情報を閲覧、さらに会津バスに問い合わせするが沼山峠はまだまだ春が来ない。やっと御池まで5/1に開通したことを知る。

そういうわけで、唯一の登山口、大清水に行くことにした。まだ、雪は相当にあることを長蔵小屋に電話確認する。

4時矢板発、大清水には6時30分頃到着。もうだいぶ登山者の車が駐車してあった。

朝食をとり、7時ちょうどに出発する。広い林道は除雪され雪はないが、路肩には1m以上の雪が積もっている。雪解け水で道路が川になっている。夕べはだいぶ冷え込んだとみえ、水たまりに薄氷が張っている。

一ノ瀬まではゆるやかに登りとなっており、汗ばんでくる。ジャンパーを抜く。


一ノ瀬休憩所には予定通り7時50分に到着し、休憩後8時5分に出発する。休憩所近くの橋を渡るとすぐに林道は閉鎖されすぐ左に登山道がとりついている。

ここからは林間に入りまったくの雪の世界である。最初は沢沿いに雪道を登るが、何個所か沢に落ちそうな感じのところもある。登山者が多いため、トレースはしっかりしており迷いの心配はない。吹き溜まりは2mを超すだろう。

まもなく行くといよいよ急登になる。つづら折りの道を行くが足を滑らすと滑落の危険がある。トレースをしっかり確認しながら足を運ぶ。雪のない時期の登山道とは少し違うと思われるが、何度も休みながらの登りである。



それにしても、空の青さは何とも言えない。今までの山行で1日中雲が出なかった日は記憶にないが、今日は別格である。ブナ林から見る空の青の濃さは、平地では見られないだろう。

ようやく、9時に登りの終点、三平峠に到着。なんと富士山が見えた。

しばらく休憩のあと、針葉樹林帯の森の中を進む。途中にある大きな案内板も半分が雪の中にある。ゆっくりと高度を下げ、最後の急な下りにさしかかる。この辺も夏場のコース(階段)とは少し違ったコースである。

トレースのあとをスキーの格好で滑り下りる。登山靴でもスキーの板代わりになり歩くより楽だ。



10時ちょうどに尾瀬沼山荘に到着。感動の一瞬である。尾瀬沼は全面結氷し、沼全体を歩くことができる。

休むいとまもなく、早速重いのに持ってきたペンタ67を出し、しばし写真撮影となる。銀世界のなかに青い空、そして向かいには雄大な燧ヶ岳。忘れられないひとコマである。

しばらく休んで、今度は長蔵小屋まで沼の上を歩いて行く。沼の上を歩くので割れはしないかと幾分不気味である。所々に水がしみこんでいるところは避けて通る。



沼周辺で開業しているのは長蔵小屋だけで、まだビジターセンターは深い雪の中である。後でネットで見たが、長蔵小屋の積雪計は2.8mだそうだ。翌日には20cm下がっていたとのことで、尾瀬は日に日に春が来ている感じだ。

長蔵小屋付近は小屋の影響だろうか、雪解けが進んでいる。水面に映る燧ヶ岳を写真に収めた。
クロスカントリーの人が結構目立つ。そしてカメラマンも多い。ここで、雪の上での昼食をとる。



12時17分、小屋前を出発し、帰路に着く。

今度はさっき来たよりももっと沼の中心部を通るが、水がしみている部分が多い。不安ながらも進むが結構氷は厚いようで、びくともしない。12時40分尾瀬沼山荘を経由し、登りにかかる。一歩一歩小幅に確実に登る。

急登を終え、峠まではなだらかな林間を進むとまもなく三平峠に着く。(13時14分)



富士山は霞んで見えなくなっていた。

二人のアベックが登ってきて、道を聞かれた。なんと平服で登ってきたとのこと。まだ天気もいいので心配はないだろうが・・・。一般の観光客がここまではと思うが、もうこの時間では沼までは無理ではないかと思う。

ここからは一気に下りで、滑落の危険はないではないが、わりとスムーズに下りる。
一ノ瀬休憩所には14時10分に到着。10分休んで、林道をひたすら大清水に向けて進む。

大清水近くの川沿いにミズバショウが咲いているのを、追い越していった方に教えてもらう。15時ちょうどに大清水に到着。

HOME | 日記MENU | 山名一覧表

Copyright © Tak@se Web Echo 2000,2007 All Rights Reserved