トップページへ

小白森山(1563m)

こしろもりやま

■山行日:平成19年6月6日(日) 晴れ

■行 程:二岐温泉--蟻ノ戸渡り--小白森山山頂  (ピストン)

■山域データ:福島県天栄村 うつくしま百名山/会津百名山

■サムネイル画像解説:サムネイル画像に赤枠のあるものは拡大できます

小白森山
福島県天栄村の秘境二岐温泉は、開湯1200年と歴史ある大変古い温泉でもある。
温泉旅館街といっても数える程の数だが、そこを過ぎるとすぐに小白森山登山口となる(標高約830m)。
小白森山
駐車場付近は現在工事中だがきょうは日曜日で休工しており登山口まで車で入る。

登山口に写真の「国有林治山事業」の案内図があるところに数台おける。
小白森山
登山口からすぐにスギの森にはいる。なだらかに登っていく。途中にはホウの葉が差し込む光を受けて輝いて見える。
小白森山
尾根に向かってジグザグに急登するが、周りの木々は雑木と変わってくる。
小白森山
尾根に出るとツクバネソウやマイヅルソウが登山道の両脇を飾る。尾根道は広く整備され、歩きやすい。
小白森山
マイヅルソウは足の踏み場に困るほどに密生する。
小白森山
ときおりツマトリソウが。
小白森山
ときおりツマトリソウが。
小白森山
だいぶ登ってきた。この辺で標高1300mぐらい。やっと目指す小白森山の全容が見渡せる。ここからしばらく、両脇が切れ落ちている「蟻の戸渡り」と呼ばれる細尾根が続く。
小白森山
人気のある二岐山(1544m)の全景が望める。この山は双耳峰ではあるが、小白森山のコースからは、こんな均整のとれた山容となる。
小白森山
アスナロの巨木も現れてくる。左側の深い谷から気持ちのよい涼風が吹き上げてくる。
小白森山
ここから最後の急登が。
小白森山
ブナの世代交代。
小白森山
純白のタムシバの花。
小白森山
小白森山山頂。頂上は平坦で木々が邪魔をして見晴らしはさほど良くないが、大白森山方向に少し行くと那須方向がよく望める。
小白森山
南の那須方向を望むがガスに覆われ三本槍岳がかすかに。右手は旭岳(赤崩山)。
小白森山
小白森山頂上には三等三角点があるが、少し離れたところにもうひとつ三角点らしきものがある。読んでみると「次三角點」とある。どんな意味だろうか。
小白森山
ミヤマシキミの花。
小白森山
ミヤマシキミの実。
小白森山
ヒメイチゲ
小白森山
端正な二岐山。
小白森山
ツバメオモトの可憐な花。つややかな薄緑の葉とのコントラストがよい。
小白森山
帰路は山菜採りにいそしむ。登山道の両側はネマガリタケの宝庫。
小白森山
天栄村は豊富な風を利用した風力発電に力を入れている。二岐山のふもとに4基設置され、真下にいると長さ25mの羽根の音に恐怖感を覚える。
1基当たりの出力電圧は690V、750kw。