トップページへ

燧ケ岳(熊沢田代)

ひうちがたけ

■山行日:平成19年7月28日(土) 晴れのち雨

■行 程:御池登山口--広沢田代--熊沢田代--御池田代--御池登山口

■山域データ:福島県檜枝岐村 日本百名山/東北百名山/うつくしま百名山/会津百名山

■サムネイル画像解説:サムネイル画像に赤枠のあるものは拡大できます

燧ケ岳(熊沢田代)
しばらくぶりに燧ケ岳に登る。
今日は会津地方は午後から雷雨の予報。
そんな予報もあり、状況によっては熊沢田代まで行って判断することにする。

結局山頂に向かうのはあきらめ、熊沢田代から引き返す。
案の定、広沢田代辺りから雷はなかったが降ったり止んだりの通り雨に遭った。
燧ケ岳(熊沢田代)
山頂への急登は、はじめに広沢田代への登り、次に熊沢田代への登り、さらに山頂手前の大きく3段構えになる。
燧ケ岳(熊沢田代)
今日は次々とグループや個人の方が燧ケ岳を目指している。
燧ケ岳(熊沢田代)
広沢田代に到着。標高は約1750m。
大小の池塘が10数個ある。
燧ケ岳(熊沢田代)
雲がやや目だってきたが、依然としてカンカン照り。(これで雷雨が来るのか?)
燧ケ岳(熊沢田代)
やがて木道は右に大きく曲がり、ゆるやかに登りになる。

空をふと見上げると、雲が激しく渦巻き、天気の変化をうかがわせる。
燧ケ岳(熊沢田代)
白いワタスゲが緑の湿原に広がり気持ちよい。すでに白い綿を飛ばす時期にあり、風になびいている。
燧ケ岳(熊沢田代)
展望のきく場所からいま通ってきた広沢田代を見下ろす。
さらにその奥には会津駒ケ岳がはっきりと望めた。

熊沢田代はもうひとふん張りだ。
燧ケ岳(熊沢田代)
次の熊沢田代は、さらに200mほど一段高いところにあり、標高約1950m。

いったん最上部まで登りつめ、2つの池塘がある地点までなだらかに下っていく。
燧ケ岳(熊沢田代)
ここから望む光景は、燧ケ岳がどっしりとひかえ、その前景には傾斜湿原が広がり、何とも言いがたい気持ちのよい場所で、まさに天上の楽園だ。

写真右手方向には越後の山並みが望める。
燧ケ岳(熊沢田代)
燧ケ岳方向から熊沢湿原を見下ろす。
木道の曲線が絶妙だ。
燧ケ岳(熊沢田代)
湿原の階段を上って燧ケ岳へ。

本日は頂上へはあきらめ、ここまでで引き返す。
気になる動植物
ギンリョウソウにも似ているが 羽毛状になったチングルマはまもなく旅立ち 私の周りに張り付いて離れない「アカタテハ」
汗がにじんだザックの塩分を吸っている トキソウ サワラン(アサヒラン)
トンボの羽化に立ち会う 羽化に立ち会って1時間30分! コバノトンボソウ
キンコウカ ハナニガナ マルバモウセンゴケ
コオニユリ イワショウブ? マルバダケブキ
アカバナ? タケシマラン