トップページへ

八溝山 (1022m)

やみぞさん

■山行日:平成20年3月8日(土) 晴れ

■行 程:登山口(八溝線林道)--旧参道--妙見菩薩--金性水--鉄水--八丁坂--龍毛水--白毛水--銀性水--八溝嶺神社--山頂--日輪寺--わさび田--登山口

■八溝山周辺マップ 【ルート確認用】 【印刷用】

■山域データ:福島県棚倉町/茨城県大子町 日本三百名山

■サムネイル画像解説:サムネイル画像に赤枠のあるものは拡大できます

八溝山は栃木、福島、茨城にまたがり、突出した山はないが雄大でなだらかに広がりをみせている。

八溝材の産地で優良なスギ、ヒノキが植林されている。
八溝山
栃木側からは大田原市(旧黒羽町)から雲厳寺前を過ぎ県道28号線那須・大子線に入る。
武茂川沿いにしばらく進むと山中に入り、分岐があるので、右折する。

道は薄暗く狭く県境の峠に登っていく。所々雪が残り凍結している。峠を過ぎてしばらく下りて行くと道も広くなり、「蛇穴集落」に出る。左手に大きな鳥居が八溝山への入口となる。

入口には通行止めの看板があり、聞くと雪で通行止めではあるが途中までは行けるだろうとのこと。
八溝山
鳥居から八溝山林道を登山口までは約5km。
凍結したところもあったが、登山口までは難なく来られた。

駐車場は路肩が広くとられ、整備されている。
日輪寺方向へのコースと湧水群を回るコースの2つがある。

八溝川湧水群を巡るコース(旧参道)を経て山頂に至り、帰りは日輪寺を回るコースとし、スタートする。山頂までは1.7km。

登山口は駐車場から約100mほど先となる。
八溝山
20分ほど歩くと左手高台に「妙見菩薩」が祀ってある。
八溝山
すぐに最初の湧水「金性水(きんしょうすい)」に着く。

冬場のせいか水はポトンポトンと1滴づつの状態で、喉を潤すほどの水量はない。
八溝山
国道沿いに登山口の案内があるが、見落としてしまうほど小さい。
案内には「茶臼山ハイキングコース」と表記されている。

湧水群は5つあり、日本名水百選に選ばれている。



湧水群の解説が掲げられている。(原文)
霊峰八溝山は、茨城県久慈郡大子町の北端に位置し、茨城、栃木、福島の三県にまたがり、標高1022mで、県内最高峰である。
 八溝山中の湧水群は、古来「三水」とも「五水」とも呼ばれ、「五水」とは、「金性水(きんしょうすい)」、「鉄水(てっすい)」、「龍毛水(りゅうもうすい)」、「白毛水(はくもうすい)」、「銀性水(ぎんしょうすい)」をいい、いずれも徳川光圀が命名し、光圀公は、特に「金性水」を賞美したと伝えられている。
 湧水群の水は、集まって沢となり、久慈川の支流である八溝川の源流となる。沢には日本特有のムカシトンボの幼虫が生息し、その成虫の数は北関東一であると言われている。
 また沢の清冽な水を利用して、八溝わさびの栽培が行われている。
 この「五水」は、昭和60年環境庁の「日本名水百選」に選ばれました。
          -大子町-
八溝山
2番目の湧水は、「鉄水」。

「八丁坂」の上り口の東屋にある。
ここも水が出ているのかわからないほどの水量だ。
八溝山
2番目の湧水は、「鉄水」。

「八丁坂」の上り口の東屋にある。
ここも水が出ているのかわからないほどの水量だ。
八溝山
さらにすぐ先の右手奥に「龍毛水」。

小さな池になっているが、ひと目見て湧き出ているのかわからない。

その奥にはパイプで送水しているタンクが設置してある。
八溝山
相変わらず長い階段が続く。
決して急な坂ではないが単調な登りである。
八溝山
頂上付近になり次第に雪も多くなってきた。

階段の傾斜もゆるくなり、県道八溝山公園線に出るが、除雪されてなく車の通行は不可。
八溝山
県道に出て左折すると左下方に4番目の「白毛水」だが、誰も行った様子がない。
深い雪に適当に下降する。
ここも雪に覆われ、水もタラタラと落ちている程度。
八溝山
県道を戻り、再度階段を登る。

右手下方には最後5番目の「銀性水」。
ここは完全に涸れている。

ブナやミズナラの大木が青空をバックに雄々しい。
八溝山
八溝嶺神社の境内に入る。

遅ればせながら今年の初詣は八溝山となる。
八溝山
八溝山展望台は冬季は休み。
展望台への入館は通常有料であるが、ここの2階からでないと360度の展望は得られないので、ぜひお勧めしたい。
八溝山
八溝山頂上に到着。頂上部分は小高く盛土されている。

ここまでゆっくり1時間30分ほど。
八溝山
帰りは銀性水のある道に戻り、分岐を左にとり、八溝山公園線沿いの登山道を降下しながら日輪寺へ。

八溝山公園線と出合ったところが日輪寺の入口である。
ここから寺までは舗装された道を下るがほどなく到着する。
山頂から約30分ほど。

日輪寺は、約1300年前に開山され、弘法大師自らの十一面観音像を刻み、本尊とした。坂東二十一番霊場。
明治13年の山火事により焼失したが、本尊は難を逃れ、現在の本堂は昭和48年に新築された。
八溝山
境内の隣には八溝山山の家として、バンガローが設置されている。
八溝山
スギの林を下降して最下部の沢に出合う。
ここにはわさび田が2つ区画されている。

ここから沢を横目にやや急登を駐車場がある林道に登りつめる。

帰りは約1時間の行程。