トップページへ

百村山 (1085m)

もむらやま

■山行日:平成21年5月16日(土) 曇り

■行 程:光徳寺登山口--林道出合--鉄塔--百村山 (ピストン) 

■山域データ:栃木県那須塩原市

■サムネイル画像解説:サムネイル画像に赤枠のあるものは拡大できます

百村山
百村山へは、光徳寺駐車場または公民館駐車場をお借りするかだが、今回は、光徳寺入口となる。
[ツキイデンキの看板]から細い林道を進み数百メートルで登山口まで入る。林道脇に数台の駐車スペースがある。
百村山
登山口には、「百村西水道記念碑」がある。
百村山
「百村山」の案内に従い、杉や檜林をジグザグに登っていく。
百村山
登山道の両脇に咲く花を見ながら40分ほど歩くと、突然舗装道路に出る。
百村山
ここは、「木ノ俣巻川林道」で、板室温泉と百村地区(光徳寺に程近い)を結ぶ林道となっている。(帰りにこの林道を走ってみたが、舗装道路ではあるが、落石が至る所で発生しており要注意)

登山道は、この道路で一時分断されるが、すぐ近くに石段の上り口が用意されている。

このわずか2mほどの石段にはなんとトラロープが張られていた。
百村山
尾根道をなだらかに登っていく。

17号鉄塔の真下に出る。
木の俣巻川林道は、百村山近くまで登山道と並行しており、時折左手下方に道路が望める。東電の巡視路もあり、危険なところを避ければ正規な登山路よりもかなり短縮コースにもなるようだ。
百村山
やがて百村山らしきひときわ高い山が望めるようになり、笹のなかを進む。
カタクリの群生が見られ、すでに実の状態であったが最盛期にはきっとすばらしいだろう。
百村山
山頂に到着。ゆっくり2時間の歩きだ。

眺望は一部開いているところがあるが、残念ながら今日は曇っており見られず。
百村山
百村山山頂に黒滝山へ3時間40分との標識がある。それだけに奥が深い山並みが続いている。
さらに、その先には未開の地、大佐飛山が控えている。雪が締まった春先には大佐飛山挑戦の唯一のコースとなっているが、果たして明るいうちに帰って来られるだろうか。健脚者は日帰りも可能のようだが…。

次は黒滝山へ挑戦。

出会った花々