至仏山 (2228m) しぶつさん

■山行日:平成26年5月4日(日) 晴れ

■行 程:鳩待峠 -- オヤマ沢田代 -- 小至仏山直下 -- 至仏山頂 -- 高天ケ原 -- 山の鼻 -- 鳩待峠

■山域データ:群馬県 みなかみ町/片品村 日本百名山/花の百名山

■サムネイル画像解説:サムネイル画像に赤枠のあるものは拡大できます

至仏山
山スキーヤーやスノーボーダー達の多さに登山者はやや押され気味のこの時期、残雪まだ深い至仏山に登る。

至仏山周辺は全域が植生保護地域のため、残雪期の特別措置として本年は4月24日から5月6日までが入山可能で、5月7日から6月30日まで入山禁止になる。

すでに鳩待峠駐車場は満車で、戸倉からのバスに乗る。
 
至仏山
鳩待峠は標高1591mなので、山頂まで約640mの標高差となる。
登り始めはゆるやかに上っていくが、ブナやダケカンバなどの雑木林を歩く。

まだ朝早いため、アイゼンを装着していることもあってか、雪は固く締まって歩きやすい。
しかし、午後近くになると雪は湿り気をもって、歩きにくくなるだろう。
至仏山
高山特有の濃い青空をバックにダケカンバの白が引き立つ。

次第にオオシラビソの樹林が目立ってくる。
 
至仏山
スノーボーダーのグループが列をなして行く。

風もなくすばらしい天気に恵まれた。
至仏山
これから行く至仏山を望む。
急坂も多くなってきたが、その分眺望も開けてくる。
至仏山
武尊山(ほたかやま)の山並みが近くに望める。
至仏山
オヤマ沢田代を通過。ここまで約2時間。
オヤマ沢田代は標高2030mほどの小広い湿原になっており、この辺から山頂部にかけて「花の百名山」にふさわしく多くの高山植物が楽しめる。
夏道は、岩稜帯を歩く。
ここは、笠ケ岳への分岐点にもなっている。
至仏山
谷川岳など上越国境の山並みを望む。
至仏山
振り返ると均整のとれた笠ケ岳が。(まだ未踏なのでぜひ歩いてみたい山だ)
至仏山
コースは小至仏山頂(2162m)には向かわず、山頂直下をトラバースするように付けられている。
 
至仏山
緊張感はそれほどないが、斜面なので慎重に。
至仏山
小至仏山を回り込み、いよいよ至仏山へアタック。
 
至仏山
振り返ると左に小至仏山、右手に笠ケ岳、中央奥に武尊山の絶景が広がる。
至仏山
鳩待峠からちょうど3時間。
山頂標識を入れての写真撮影が途切れない。なかなか撮れないほどの賑わいだ。  
至仏山
山頂からの絶景をしばし楽しむ。

霞も少なくまさに360度の眺望。

写真は新潟の名峰、巻機山(中央やや右)。


至仏山
越後駒ケ岳、中ノ岳、八海山の越後三山も。
 
至仏山
尾瀬ヶ原が眼下に。
 
至仏山
尾瀬ヶ原を前景に燧ケ岳、会津駒ケ岳。
 
至仏山
山頂をあとに山の鼻に下りる。

山頂から少し下がると高天ケ原一帯は雪が完全に消えており、アイゼンをはずしての下降となる。
 
至仏山
再び残雪地帯に入ってくる。

山の鼻地区の湿原の様子が詳細に分かる。
 
至仏山
雪原に太い筋が何本もあるが、これはスノーボードではなく尻セードの跡。

いわゆる、自分のお尻をスキー代わりにして滑ること。
 
至仏山
スピードもほどほどに出て快適に滑れるがコース取りにはやや難がある。ブレーキは足。
防水対策をしていなかったため、ズボンがびしょぬれになりパンツまで滲みてきた。

注意点は、ところどころに木々や岩が見えているところがあり、そこは当然ながら避けて滑ること。
 
至仏山
だいぶ下りてきた。

オオシラビソなどの林間をしばらく歩くが、大体の見当をつけて山の鼻を目指すが、足跡がいっぱいあり不明瞭なので天気の悪いときは要注意。
 
至仏山
せっかくなので山の鼻地区を散策する。

この辺でも積雪はまだ1m以上はある。
通常は入れない場所も自由に立ち入ることができる。

猫又川の支流沿いに歩いてみた。川は湿原をS字状にくねくねと曲がりながら流れている。
ここからヨッピ川となり、さらに只見川に続く。
 
至仏山
歩いてきた至仏山東面を望む。

コースがはっきりと見えている。
 
■至仏山スライドショー